生活向上大作戦

生活を豊かにするために何が必要か考えてみる。

売られているカー用品は高すぎる

車には走るために構造以外にも快適装備やそれに必要な電装品がたくさんつけられています。
車の使われる電気系は、点火系やハイブリッド化システムなどを除けば非常に単純なものとなっています。
簡単にいえば乾電池と豆電球で、プラスの配線とボディの金属部分によるマイナスアースをつなげれば機能するようになっています。
後付けの電装系パーツをつけるとしてもプラス電源やアクセサリー電源、イルミネーション電源、アースをとる場所が分かればだいたい素人でもつけることができます。
しかし、既存の配線からいろいろな電源をとるわけですが、あやまって断線してしまったり、ショートさせてしまっては、最悪の場合走行すらできなくなってしまうこともあります。
そんな時便利なのが、カーAVメーカーや専門店などで売られている専用の配線です。
ヒューズボックスや空いているコネクターなどから簡単に各電源をとるようになっているのですが、驚くのがその値段!
電源を二股に分けるだけのものがなんと1000円もするのです。
どう考えても実質100円ぐらいしか費用が掛かっていないのに1000円は高すぎます。
それだったら自分でその配線を作ってしまいましょう。
必要なのは電装品に合った電源コードとギボシといわれる接続端子です。
あとはそのギボシをコードにつける圧着ペンチなどといわれる工具を用意すれば、二股コードなど実質50円位で出来てしまいます。
それほど難しい作業ではありませんが、確実性が必要になります。
気を付けて作業をしましょう。