生活向上大作戦

生活を豊かにするために何が必要か考えてみる。

ガソリンタンクはしっかり守る

自動車は金属でできており非常に丈夫なイメージがありますが、大きな事故を起こした車を見ると意外とそうでもないという事に気が付くはずです。これは燃費のために軽量化をすすめ、肝心なところまで鉄板を薄くしたり、補強部品をつけなかったりという事をするようになったためで、昔の車はもっと丈夫でした。ただ、車のボディが華奢になったとはいえ肝心な部分はしっかりと守られる構造となっているので安心してください。守られる部分というのは人間が乗るキャビンとガソリンタンクです。特にガソリンタンクは非常に引火性の高いガソリンがかなり大量に入れられる構造になっているので、事故の際にこのガソリンタンクが破損してガソリンが漏れるようなことがあったら大惨事を引き起こしてしまいます。

基本的にガソリンタンクは金属でできているものですが、一部の車両では、座席の下のガソリンタンクを収めるために加工の自由度がある樹脂製のものを使っているものがあります。ボディ自体がガソリンタンクを守る構造になっているといっても可燃性の高いガソリンをいわば頑丈なプラスティックで出来たタンクにおさめるというのもちょっと怖い気がします。絶対的に樹脂よりも金属のほうが丈夫であることは間違いないのですが、これでも大丈夫だとメーカーは言います。果たしてそれは本当か?それは大事故を起こした時にわかります。

アウディ 査定