生活向上大作戦

生活を豊かにするために何が必要か考えてみる。

危険な仕事を支える道路巡回車

高速道路などで割かしよく見る車がこの道路巡回車と呼ばれる車です。この車は昔の道路公団、現在のNEXCOや道路管理会社が所有する車で、国や都道府県、市区町村など、道路管理者から委託を受けて、担当の道路の管理・整備を行うときに使う車です。
使われる車は悪天候にも対応できるようにとトヨタのランドクルーザーなどの大型SUVが使われることが多く、目立つように黄色いペイントがされています。
ルーフには注意を促す黄色いパトライトと、交通事故や大規模災害など緊急性を要する用途にも使われることからパトカーと同じような赤色灯も付けられています。この赤色灯を付けてヘッドライトをハイビームにしてサイレンを鳴らしているときは緊急車両扱いなので、道を開ける必要があります。
この車は普段、道路の管理などに使われており、路面上に落ちている落下物などを除去する作業も行います。その作業は非常に危険で、100km/h+αのスピードで走っているくるまのながれをかいくぐって、路面に落ちている落下物を拾うのですから非常に危険な作業となります。
そのため、2人一組で行動することが多く、1人は旗を振って走ってくる車の運転手に注意を促し、もう一人が道路を横断しながら落下物を拾うという体制で作業を行っています。普段はあまり気にしない車ですが、この車によって快適な運転ができているといってもよいでしょう。

トラック 買取