生活向上大作戦

生活を豊かにするために何が必要か考えてみる。

キャブオーバーとワンボックスカーの違いはどこ?

ワンボックスカーといえば、現在ではミニバンなどと呼ばれるようになった車の元祖的な車でほとんどのものが運転席や助手席の下にエンジンを収めるキャブオーバー型と呼ばれるレイアウトを持っています。
エンジンの上に人間が座っているような状態でエンジンの上にキャビンがあるということでキャブオーバーと呼ばれています。
しかし、ワンボックスカー=キャブオーバーではないということも覚えておきましょう。
たとえば現在発売されている軽ワンボックスバンのアクティとそのワゴンモデルであるバモスはワンボックス形状のボディを持っていますがエンジンはリヤアクスル近辺に置かれるミッドシップレイアウトでキャブオーバーではありません。
それからワンボックスワゴンからミニバンに移行する途中で作られたワンボックスモデルにはエンジンを運転席に前に置き、トランスミッションなどが若干運転席に下に入り込むセミキャブオーバースタイルを持つものがたくさんあったのです。
ワンボックスカーというとすべてがキャブオーバー型でエンジンを見るのに運転席下の蓋を開けなければならないということではないのです。
ワンボックスという言葉はボディ形状、キャブオーバーというのはボディとエンジンに配置を表す言葉なのです。