生活向上大作戦

生活を豊かにするために何が必要か考えてみる。

ディーゼルエンジンとクリーンディーゼル

最近のディーゼルエンジンは、単にディーゼルエンジンと呼ばれるのではなく、クリーンディーゼルなどと呼ばれることが多くなりました。
真っ黒で臭い排気ガスを出すディーゼルエンジンで「クリーン」とはどういうことでしょうか。
答えは「排気ガスをきれいにした」ということです。

ディーゼルエンジンは自然発火によって燃焼行程を行いますので、燃焼効率が悪く、いわゆる「生ガス」といわれる未燃焼ガスがたくさん発生します。
そしてさらに希薄な混合気状態で燃焼するため、黒煙やスラッジ、NOxが発生しやすいという性質を持ちます。
クリーンディーゼルではそれらの不具合をリカバリーするような構造がつけられており、今までのディーゼルエンジンとは違い比較的クリーンな排気ガスを出すようになっているのです。
その構造の一つがコモンレールというもの、これは一種の燃料デリバリーパイプなのですが、燃料ポンプで作られた燃圧できれいな燃焼状態を作ることができないので、燃料を一時的にコモンレールというところに溜め、圧力を高めたのちにシリンダー内に噴射します。
高い燃圧状態で燃料を噴射することによってより細かい霧状に燃料を噴射することができ、それによって燃焼効率を高めてきれいな排気ガスを出すというのがコモンレールです。

そしてもう一つよく使われているのがDPFといわれるもの、これは排気管の途中につけられているもので、物理的なフィルターで、排気ガス中のスラッジなどをここで濾しとり、排気ガスをきれいにするというものです。
濾しとったものは定期的にヒーターなどで燃焼させて排気ガスと一緒に無害な状態で排出する形になっているため、理論上は半永久的に使えるフィルターということになります。
それと大型トラックやバスなどでよく使われるのが尿素水を排気ガスに混ぜて、有害物質そのものを無害化するものもありますが、乗用車ではほとんど使われておらず、どちらかといった少数派となります。
こういったいろいろなものをディーゼルエンジンに取り付けて、排気ガスをきれいにしたものがクリーンディーゼルエンジンと呼ばれるのものです。
ただ、それだけです。

ハイエース 買取