「箔押し」で紙袋に高級感とインパクトをプラス!

箔押し加工

紙袋に高級感を出すには「箔押し」がおすすめ!

「箔押し」とはホットスタンプとも呼ばれていて、お店のロゴや社名などを目立たせたい時に使用する加工方法です。
紙袋に限らず、例えば商品の入っている箱招待状など様々なところで金色や銀色のメタリックに輝くロゴや社名などが表面に貼り付けられているのを見たことがある方も多いと思います。

「箔押し」はフィルムを金属製の型で圧着して貼り付ける方法で、紙袋全体ではなくワンポイントに使用する特殊な加工方法になります。
紙袋の表面に施す加工にはPP加工やニス引きなどもありますが、これらは紙の強度アップや印刷物の保護が主な目的なのに対して、「箔押し」は基本的に紙袋の装飾の為に使用されます。

素材自体が高価な為に紙袋に「箔押し」の加工を施すと少し値段が高くなります。
ただ、その分、高級感がいっきにますので、高級ブランドを取り扱っているショップハイグレードな物件を取り扱っている不動産業者ブライダルショップなどにおすすめです。

また、「箔押し」加工にすることでロゴなどが目立つようになるので、宣伝効果も増します。
その為、新しくオープンしたショップや企業にも、知名度アップの為におすすめです。

「箔押し」に使用されるフィルムには様々なモノがあり、金色や銀色以外の色もありますし、メタリックではないモノやツヤのないモノもあります。

また平らに印刷するモノや浮き出した感じの仕上がりになるモノなど様々ですが、紙袋業者によって取り扱っているフィルム素材や対応できるレベルも異なります。

また、ショップのイメージに合ったものを使用したいので、もし「箔押し」加工を検討される際には、一度業者にどのようなモノがあるのか相談してみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です