【紙袋の印刷方法】オフセット印刷とフレキソ印刷

フレキソ印刷

オフセット印刷とフレキソ印刷について

紙袋の印刷方法にはオフセット印刷フレキソ印刷の2種類があります。
オリジナル紙袋について調べていると、よく目にする単語だと思います。

紙袋の印刷以外でもよく使用される印刷方法ですが、それぞれに利点があるので、デザインや予算などにあわせて選ぶことができます。
紙袋をオーダーする場合には、印刷方法によっても変わってくるので、それぞれの違いも理解しておきましょう。

オフセット印刷

オフセット印刷

現在、一番よく使用される印刷方法で、紙袋だけでなく写真やイラスト、商品パッケージ、チラシ、ポスター、新聞、雑誌など多くの物で使用されます。
細かなデザインの再現が得意で、グラデーションや細かい文字・イラストの印刷に用いられます。

その為、フルオーダーでオリジナル紙袋を作る場合には、オフセット印刷が使われることが多いです。

「平版」と呼ばれる「版」を使って印刷を行うために、一度「版」を作っておけばインクを付けて印刷するだけなので、「版」自体が壊れない限り何度でも繰り返し使用することができます。
「版」と「紙」を直接接触させずに印刷を行うので「版」の摩耗を減らすことができ、細部まで鮮明な印刷が可能になり、「版」も長持ちするという特徴があります。

さらに、C(藍/シアン)、M(紅紫/マゼンタ)、Y(黄/イエロー)、K(黒/キーカラー)の4種類のインクの組み合わせで再現され、この4つだけでほとんどの色を表すことができます。

メリットをまとめておくと、以下のようになります。

・細部まで再現が可能で、鮮明に印刷することができる
・フルカラーの印刷にも対応できる
・大ロットでの印刷も可能だが、小ロットでの印刷にも向いている

フレキソ印刷

フレキソ印刷

ゴムや樹脂製の凸版に水性インキを移して印刷する方法で、「版」に弾性があるために印刷する素材を選ばないという特徴があります。
その為、形の崩れやすい段ボールの印刷にもよく使用されます。

デメリットとして上げられるのは、緻密な印刷が不得意でオフセット印刷よりも印刷制度が落ち、さらにグラデーションの印刷ができない点です。
また、オフセット印刷のように色の掛け合わせができないのでカラー印刷に不向きなのもデメリットになります。

さらに、小ロットでの印刷に不向きというデメリットもあります。

ただ、当然フレキソ印刷を使用するメリットも存在していて、主に以下のような点が上げられます。

・紙以外への印刷も可能
・大量印刷することでコストを抑えられる
・環境に優しい

紙以外への印刷も可能

弾性のあるゴム版や樹脂版を使用するので、印刷する素材を選ばないという話しをしたと思います。

その為、紙だけでなく金属や木材、布、フィルム、セメント、プラスティックなどへの印刷も可能になっています。

フレキソ印刷では大量印刷でコストを抑えられる

フレキソ印刷ではゴム版や樹脂版を「版」として使用しますが、これらの「版」は他の印刷方法で使用される「版」よりも安く作ることができます。
さらに、使用するインキも他の印刷方法と比べると少ない量で済むので、その分のコストを抑えられます。

さらに、フレキソ印刷では、印刷の後の工程のラミネート加工や箔押し印刷まで一度の工程で行うことができます。
その為、通常は2回の工程に分けて行う作業を1回で行えるので、その分のコストを大幅に抑えられるメリットがあります。

その為、オリジナル紙袋を大量に制作する場合にも、フレキソ印刷だと1枚辺りの価格をかなり抑えることができます。
安いメーカーだと、枚数自体では1枚10円~作ることも可能です。

因みに、紙袋のWEBサイトをチェックしていると、「フレキソ自動製袋」ということが出てくることが良くあります。
この「フレキソ自動製袋」とは、紙袋の製袋からヒモの取り付け、印刷までを一括して行える方法で、コストを抑えて、しかも大量の紙袋を高速に製造できる方法としてよく使用されます。
大量の紙袋が必要な大手ファーストフード店やデパートなどよく使用されています。

ただ、逆に数百枚の小ロットでの印刷ではコストが高くなる場合もあるので、気を付けて下さい。

フレキソ印刷は環境に優しい印刷方法

フレキソ印刷では、人体への外が少ない水性インキを使用します。
また、他の印刷方法と比べて使用するインキの量自体も少ないので、残留溶剤が少ない点もメリットとして上げられます。

さらに、印刷工程で排出する二酸化炭素(CO2)量が、他の印刷方法と比べると少ないという点もメリットです。

その為、欧米では環境問題の観点からフレキソ印刷を用いられる機会が増えてきているようです。

また、日本ではまだ他の印刷方法の方が主流ですが、それでも、徐々にフレキソ印刷での印刷が増えてきているとのことです。

まとめ

オリジナル紙袋の制作でよく使用される印刷方法はオフセット印刷フレキソ印刷の2種類です。

オフセット印刷は細かな部分まで再現が可能で、フルカラーでの印刷にも対応できます。

逆に、フレキソ印刷は細かな部分までの再現が不得意で、オフセット印刷よりも印刷精度が落ち、カラー印刷が苦手というデメリットもあります。

ただ、フレキソ印刷では大量製造する場合にはコストを大幅に抑え、高速に印刷することができます。
また、他の印刷方法と比べると環境に優しいというメリットもあります。

ただし、フレキソ印刷の場合には小ロットでの製造になると逆にコストが高くなることもあります。
その為、フルオーダーでオリジナル紙袋を数百枚単位で作りたい場合にはオフセット印刷が向いています。

このような感じで、オリジナル紙袋を作る場合にはそれぞれの印刷方法のメリット・デメリットを抑えた上でオーダーすることをおすすめします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です